理想身長は178cm | 身長に関する話題

「もっと背が高くなりたい」と思っている人は数多くいます。中学1年生で151cmしかなかった僕もかつてそんな子供でした。小柄な少年だった僕は大人になった今、178cmあります。日常生活での身長に関する話題、身長を高く伸ばす方法について語ります。

NBAドラフトで注目されている八村塁の身長

NBAのアーリーエントリーでNBA入りを目指している八村塁。

 

 

富山県出身で、父親がベナン人、母親が日本人のハーフ。

 

現在、アメリカ合衆国のゴンザガ大学在学中で、NCAAトーナメントでも大活躍している。

 

バスケットボール選手ということで、気になるのは、その身長ではないだろうか。

 

八村塁の身長は204.5cmとのこと。

 

両親の身長は不明ながら、ハーフということで背が高くなる要素があったということだろう。

 

ダルビッシュもそうだが、父親が決して背が高いわけでもなく、兄弟も背が高いわけではなかったが、本人は背が高かったのと同じだろうか。

 

やはりスポーツ選手、ことさらバスケットボール選手となると、活躍するには背の高さが重要はなずだ。

 

背が高い人が多いNBAであっても、身長2m以上あれば十分だろう。

 

アーリーエントリーは少しもったいない気がするが、本人の目標がNBA入りということであれば、やむを得ないだろう。

 

どれほど活躍できるか注目していきたい。

 

政治家 山本太郎氏の身長

何かと話題の政治家 山本太郎氏。

 

天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」出場がきっかけとなり芸能界入り。

 

「れいわ新選組」というこれまた話題になる政治団体をを立ち上げた。

 

身長ブログの作者として気になるのはどの動向よりも、身長のこと。

 

スポーツマン体形なのだが、どことなく、「背が低い」という感じがするので実際に調べてみた。

 

公称身長は175cmとのこと。

 

165cmくらいではないかと思っていたので、意外に高いことに驚いた。

 

芸能人なので鯖読みはあるので、-3~-5cmくらいが実際の身長だろうか。

 

となると、実際の身長は170cm~172cmくらいだろうか。

 

それでも、思ったよりは高かった。

 

 

 

 

 

 

香港・深センの人たちの身長は?

今回、羽田空港から香港経由で中国深センに行きました。

 

香港空港でフェリーに乗り換えて、海路で中国に入国しました。

 

香港・深センというと、中国でも最も発展した都市という印象です。

当然ながら、背が高い人も多そうです。

 

こちらが、香港空港の様子です。

不思議なことに、それほど背が高い人が多いという印象がありませんでした。

ただ、香港は世界各国の人が出入りする都市なので、誰が香港人・中国人なのかというのがわかりません。

香港は台湾のように発展した地域なので、190cmくらいあるアジア人がゴロゴロいるのではないかと思っていましたが、どうやらそうでもなさそうでした。

 

f:id:yuummd:20190406205147j:plain

 

f:id:yuummd:20190406205154j:plain

香港から深センに移動して、街中を散策しました。

合肥と街中と比べると広々としていて、人口密度が低い感じがしました。

背が高い人がいるという感じはしませんでした。

178cmの身長の私は背が高い人に見えたはずです。

中国の平均くらいではないでしょうか。

むしろ、上海人のほうが背が高い感じがしました。

f:id:yuummd:20190406205659j:plain

深セン

深センは、中国の中でも発展した都市ですが、発展度はまだまだといった感じです。中国はどこもそうですが、砂っぽい感じがします。あと5年、10年経過すれば、先進国に近い街並みになるかもしれません。そのころになれば、もっと平均身長も高くなるはずです。

 

 

中国人は背が高い?

先日、仕事の関係で中国に行ってきました。

 

行先は前回に引き続き上海です。

 

上海は中国の中で最も発展している都市ということで、所得も多く裕福な人たちが多く住む都市です。

 

そのため、地方都市と比較すると、背が高い人が多い印象を持ちます。

 

台湾の若者が背が高いように、上海人の若者も背が高いです。

 

中国人は日本人と比べると、背が高くなる要素があるのかもしれませんが、栄養状態が悪く成長しきれないのかもしれません。

 

栄養状態が良い上海人は、本来の背の高さになっているのかもしれません。

 

中国人の有名人として思いつくのは、姚明(ヤオミン)です。

 

 

NBAにも行ったバスケットボール選手です。

 

中国ではプロバスケットリーグがあり、日々、試合の様子が放送されています。

 

日本よりもバスケットボールが盛んで、バスケがうまくなりたい、背が高くなりたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

上海の人民広場という駅で電車を待っているときに、ホームの遠くのほうから非常に背が高い人が歩いてきました。

 

背が高い上海人の中でも、頭一つ以上飛び出している人なので、おそらく2m程度はあるでしょう。

 

もしかしたら、バスケットボールの選手なのでは?と思いましたが、選手の名前も顔も知らないので、その人が一般人なのか選手なのかはわかりません。

 

ただ印象に残っているのは、「非常に背が高い人がいた」ということだけです。

 

そんな人を遠目で見ながら、電車に乗り込むと、背が高い女性が隣にいました。

 

身長175cmくらいでしょうか。

 

身長178cmの私と並んでいても、それほど身長差を感じませんでした。

 

上海人は背が高いという印象は、本当のようです。

 

 

中国 上海合肥の人たちの身長

私は中国人というとあまり背が高いという印象は持っていませんでした。

 

今回、実際に中国に行き人間観察をしてきました。

 

結論としては、中国人の身長は日本人と同じかそれよりも低いです。

 

ただし、上海人の身長は比較的高く、日本人と同じかそれ以上はありました。

 

内陸の合肥というところにも行ったのですが、そちらは比較的小柄な人が多かったです。

 

f:id:yuummd:20190113225942j:plain

合肥

合肥の街中の光景です。昼間は人が多いのですが、このときは夜間だったので人もまばらですね。

 

写真を撮っている私の身長は178cmです。前にいる人たちは、若いカップルが多いですが、私の目線から見ると、かなり低いことがわかります。

 

高くても170cm前後ではないでしょうか。

 

こちらの広場に5元で身長が測れる機械が置かれていて、小銭が邪魔なときは利用していました。

靴をはいた状態で測ると180cm程度となりました。

 

他にも測っている人がいて、後ろから見たら190cmと出ていました。

 

実測188cm程度でしょうか。

 

中国の地方都市である合肥にも、背が高い人がいるようです。

 

ただ、そのような人は稀で、こちら合肥の平均身長は170cmに満たないのではないでしょうか。

 

日本から合肥に行くには、上海から高速鉄道で行く方法と、飛行機を乗り継ぐ方法があります。

 

鉄道を利用したほうが、人間観察ができるので面白いです。

 

上海は都会なので、比較的大柄な人が多いです。

 

とはいっても、背が高い人でもせいぜい180cm台前半です。

 

台湾の大学生のように、185cm越えの人がごろごろという感じではありませんでした。

 

平均を見ると、台湾>日本>中国といった感じでしょうか。

 

聞くところによると、中国も南部に行くと、背が低い人が多いそうです。

 

もしかしたら、民族が違うのかもしれませんが、空港などで小柄で色黒で中国語に聞こえない言葉を話す人を時々みかけます。

 

中国は中華民族と呼ぶ漢民族以外の55の少数民族が住む、他民族国家なので、日本よりも多種多様です。

強制性交の罪などで起訴され、ほかの事件で勾留中だった樋田淳也容疑者(30)が、大阪府の富田林署から逃走したとのこと。

 

顔写真が公開されているが、結構イケメンではないでしょうか?

 

 

どことなく、プロ野球選手の五十嵐亮太を思い出してしまいます。

 

たしか、五十嵐亮太の身長は178㎝だったと思います。

 

身長はどのくらいなのだろうか?と調べてみました。

 

残念ながら、163㎝とのことです。

 

これで、背が高かかったらかっこよかったのに。

 

身長163cmというと、平均身長の172cmよりもかなり小さいです。

 

女性でもこのくらいの人は結構います。

 

背が低かったから、人混みにもまぎれるし、逃走もしやすいのでしょうか。

 

早く捕まるとよいですね。

 

10種競技の右代選手の身長

最近テレビで見かけた、10種競技の右代選手という人の身長の高さが気になって調べてみました。

 

北島康介も179cmくらいあり、池江選手も170cmほどなので、いかに右代選手の背が高いかということがわかります。

 

調べたところ、右代選手の身長は、196cmとのことです。

さすがに、この身長は高いです。

 

日本人の平均身長よりも20cm以上高いだけでなく、外国人と比較しても高いです。

 

10種競技日本記録保持者とのことです。

 

いろいろ調べると、両親もスポーツ選手とのことです。

 

父親は、投擲選手で母親はハードルとリレーが専門とのことです。

 

背が高いのも、陸上が得意なのも、遺伝でしょうか。

 

32歳ということで、もうそれほど若くはありませんが、まだ記録を伸ばしているということで、今後の活躍も期待できますね。

 

日本人2人目のNBA選手 渡邊雄太選手の身長

ブルックリン・ネッツの一員としてNBAサマーリーグに参加し、試合平均で24分出場、9.4得点4.2リバウンド、1.6ブロックを記録し、メンフィス・グリズリーズと2-way契約を結んだバスケットボールプレイヤーの渡邊雄太選手の身長について調べてみました。

 

 

 

NBA選手の中にいても見劣りしないその身長は、206cmとのこと。

 

ちなみに、渡邊雄太選手の両親の身長は、父親190cm、母親177cmとのことで、父親は実業団選手、母親は日本代表にもなったバスケ選手とのこと。

 

「身長は、遺伝か環境か」という議論はよくされるが、これは確実に遺伝と言えますね。

 

ただ、父親よりも16cmも高い身長というのは、驚きです。

 

渡辺選手の子供はいったい何センチになるのかというのが気になるところです。

 

渡邊選手は背も高いですが、体も筋肉質でしっかりしていて、体力でも他の選手に負けていません。

 

日本人の苦手なダンクシュートも楽々こなしてしまいます。

 

本当に貴重な純日本人のバスケ選手と言えるでしょう。

 

まだ23歳ということで、これからが楽しみですね。

 

最近話題のZOZOの前澤社長の身長

最近気になることがある。 ZOZOの前澤社長の身長だ。

 

公称162cmの身長とのことだが、本当にそんなに高いか?

 

高級車から出てきた写真を見たら、車のドアの高さと同じだったのだが。

 

その車の高さが150cm程度とのこと。

 

となると、150cm前後になってしまう。

 

さすがに、それはないとは思うのだが。

 

次々に有名タレントと付き合えるのは、身長を差し引いても余りあるお金のおかげだろうか。

台湾人は背が高い!

先日、仕事で台湾に行った。

 

また思ったのが「台湾人は背が高い」だ。

 

年齢差があるが、若い人の身長がとにかく高い。

 

刈り上げで黒ぶち眼鏡ででかい若者というのが台湾人のイメージだ。

 

「でかいのいるな」と思うとだいたい台湾人だ。

 

ただ、台湾人にも小さい人もいて、どちらかという南方系の顔だちの人が多い。

 

外省人が背が高く、原住民、内省人が背が低いのだろうか。

 

いずれにしても、日本人は東アジアの中では背が低い。